本文へ

2016.8.19 きもだめし

8月19日(金)夏企画第一弾「肝だめし」を行いました。

なんと、幼児から高校生までの総勢50人の子どもたちが、ワクワクした表情で集まってくれました!

まずは、絵本の読み聞かせボランティア荒木さんのこわ―いお話からスタート。

だんだん暗くなる中、荒木さんのひっそりした声で語られるお話を静かに聞いていました。

怖い雰囲気が高まった中、肝だめしスタート!

写真。暗い中、歩き出す子ども達。

真っ暗闇の中、懐中電灯一つで夢パークを一周し、時々おばけに会い、驚きながら無事ゴール!写真。暗い中、小屋に近づく子どもたち。

みんなキラキラした表情で「怖くなかったよ!!!」「おもしろかった!!」と教えてくれました。

元気いっぱいの子どもたちを本気で怖がらせることはできなかったみたいですが、いつもと違う真っ暗な夢パークを全力で楽しんでくれて、うれしい一日でした。

担当:あずき